» 長瀬智也「山口達也に見切り」TOKIOに未練ナシの実情
カルチャースポーツ社会

長瀬智也「山口達也に見切り」TOKIOに未練ナシの実情

長瀬智也「山口達也も見切り」TOKIOに未練ナシの実情
socialfill

 9月22日、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕された元TOKIOのメンバー・山口達也。現TOKIOのメンバーは、過去の件も含めて2度目も山口の飲酒が原因で裏切られる結果となってしまった。

「TOKIO復活」に向けて動き出していた城島茂、国分太一、松岡昌宏をよそに長瀬智也だけはグループ活動に一旦見切りを付けていたようにも見える。

 9月24日に発売された「週刊文春」(文藝春秋)に登場する音楽関係者は「長瀬が来春クールの連ドラ出演に向けてジムに通いはじめ、体をしぼって役作りに励んでいる」「(長瀬は)もはやTOKIOの活動に未練はない」などと述べている。この記事からも長瀬1人だけはTOKIOに執着せず、独立しても飛躍していこうという長瀬の心意気が感じられる。

残ったメンバーはジャニーズ事務所の関連会社「株式会社TOKIO」を設立

 山口の一件で音楽活動が思うようにできなくなった長瀬は、2021年4月からジャニーズ事務所を退所し、残ったメンバーはジャニーズ事務所の関連会社「株式会社TOKIO」を設立することを発表していた。

 3人はこの「株式会社TOKIO」を山口復帰の受け皿にする計画だったが、今回の逮捕で山口の復帰への道が経たれてしまったという見方もある。

「長瀬さんは来年1月から放送される『俺の家のはなし』(TBS系)で主演が決まっています。監督は言わずと知れた“クドカン”。さらに戸田恵梨香さんや西田敏行さんなど演技派キャストが揃っているだけあって、長瀬さんも一層気合が入っているのでしょう。