三浦春馬を無視する「アミューズ会長言動」への疑問 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬を無視「アミューズ会長言動」へ疑問と憶測のワケ

三浦春馬を無視「アミューズ会長登場」も疑問と憶測巻き起こるワケ
socialfill

 7月18日にこの世を去った俳優の三浦春馬さん。

 いまだファンからの悲しみの声が大きい状況だ。三浦さんの知名度を上げた主演作『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)で共演した芦名星さん、藤木孝さんが続けて亡くなり全員が「自死と思われる」と報道されるなど、信じがたいほど悲しいニュースが続いている。

 3人が何を抱えて亡くなることになってしまったのか、といった疑問はいまだ多く語られているが、最終的には本人にしか原因や理由はわからないものだ。絶対にわからないからこそ気になってしまい、憶測も拡がるということなのかもしれないが……。

 とりわけ三浦さんの件に関しては、水面下での疑問の声はまだ多くあるようだ。

アミューズ代表取締役会長・大里洋吉氏が登壇したが…

「もともと亡くなった時のマネジャーの時系列など、三浦さんの死の発表に疑問は持たれていました。四十九日にアミューズが『当日の経緯』を公開しましたが、それも納得まではいかなかったようです。もちろん『自死ではない説』『他殺説』などはさすがにあり得ない話ですが、現状の説明で腹落ちしないファンが一部いるのもまた事実のようです。

現状アミューズは『過度な憶測などに関する法的措置』の声明も出していますが『なぜ会見をしないのか』『過度な憶測が出るのは事務所の対応がおかしいから』など、さらなる反発を招いている状況でもあります」(メディア記者)