» 三浦春馬「アミューズ会見は」他殺説ら過剰憶測の理由
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「アミューズ会見は」他殺説ら過剰憶測の理由

三浦春馬「アミューズ会見は」他殺説ら過剰憶測の理由
socialfill

 7月に俳優の三浦春馬さんが亡くなってちょうど2カ月が経過した。

 いまだ、人気が十分にあった中での突然の死に悲しみの声が止まない状況である。所属事務所のアミューズがその死後になかなか情報を出さなかったことも影響しているのか、ファンやSNS上からは、さまざまな「憶測」も出ている状況である。

 中には「三浦春馬さんは自殺じゃないのでは」「他殺なんじゃないのか」など、そもそも自死自体が違うのではないか、というとんでもない情報まで出ている状況だ。一部のファンだけではあるのだろうが、ネット記事のコメント欄がそういった内容で荒れているのも事実だ。

警察や情報を捻じ曲げるなんてことはあり得ない、が

「警察や情報を捻じ曲げるなんてことは絶対にあり得ませんので、残念ですが三浦さんの自死は間違いないことですよ。そうじゃないなんていうのはさすがに陰謀というか、ドラマの世界のような話でしょう。

一方で、三浦さんが売れっ子だけに仕事が詰まり、心休まらなかったのでは、という意見もあります。

先日第一話が放送された『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)でも、明らかに痩せている印象もありました。何かしらその辺の話をアミューズが出せば終わる話ではありそうですが……」(メディア記者)