» 三浦春馬「佐藤健と真逆」岸谷五朗「アミューズは家族」に嫌悪多数
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「佐藤健と真逆」岸谷五朗「アミューズは家族」に嫌悪多数

三浦春馬「佐藤健と真逆」岸谷五朗「アミューズは家族」に嫌悪多数
socialfill

 7月18日に突然この世を去った、俳優の三浦春馬さん。

 三浦さんの唐突過ぎる死に関しては、いまだ多くの謎が残っており、世間からは多くの疑問が出されている。

 所属事務所のアミューズも死去からしばらくは今回の死に多くを語らず、四十九日を迎えたところで「死去した当日の経緯」を説明。チャリティ基金の設立も発表した。しかし、ファンが本当に知りたい「当日マネジャーの動向」などが明らかにされておらず、いまだフラストレーションを感じるファンも多いようだ。

 売れっ子で仕事仲間も多かった三浦さん。すでに友人の城田優や三浦翔平を筆頭に、数多くの俳優・女優がその死を悼む発言を出している。

 一方で、同じくアミューズで長年人気の“双璧”という扱いを受け「親友だった」とされれる佐藤健は、三浦さんの件に関しコメントは出していない。ファンからは心配の声もあるが、何も発言しないことで余計に注目を集めている状況だ。

『アミューズは心から人を思いやれる家族のような会社です』

 また、ようやくコメントをしたが、世間から疑惑の目を向けられている同事務所の俳優もいる。

「岸谷五朗さんと寺脇康文さんですね。『Act Against Anything VOL.1「THE VARIETY 27」』の12月開催が11日に報じられましたが、その際に2人がメッセージを出しました。岸谷さんは『稽古場で春馬を呼ぶ際、間違えて息子の名を叫んでしまうことが多々ありました。…それだけ、私にとって春馬は「家族」でした』『我々や近くにいたスタッフにとって、この悲しみの終着点は見えないままです』『私の中で春馬から授かった「確かなもの」と共に、前に進むための幾つかのことを整理し実行しなければと思っています』などとコメントしています。