水原希子「男あさり?」Tinderアンバサダー就任 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

水原希子「男あさり?」Tinderアンバサダー就任と「利用歴」がすごい

水原希子「男あさり?」Tinderアンバサダー就任と「利用歴」がすごい
socialfill

 ソーシャル系マッチングアプリ「Tinder」(Tinder Japan)のオンラインCMの発表会に、ブランドアンバサダーを務めるモデルで女優の水原希子が登壇した。世界最大級のマッチングアプリといわれる「Tinder」の利用歴や利用法を赤裸々に語る水原に、ネット上では賛否の声が上がっている。

 普段同アプリをどのように使用しているか問われた水原は、「海外など旅行に行った際は、現地の人に案内をしてもらいたい。友だちがいないところに行ったときにTinderを使いました」と回答。

「実は恋人探しなのでは」

 プライベートで京都に行った際には同性のユーザーとマッチングし、「水原さん、何で使ってるんですか?」とびっくりされたことを明かした。一般人からすると、まさか水原本人とアプリ上でつながるなど夢にも思わないだろう。「水原希子を起用するとは、おしゃれすぎる」と企業への高評価とともに、「水原希子とマッチングできるならダウンロードする」「わたしも同性の友達づくりで利用したい」など広告効果は早くも大きいようだ。

 一方、世間では“軽い”の印象も持たれている「Tinder」の利用に、「希子ちゃんにはTinderやってほしくない」「なんか違う、いやだ」と批判的な声も。若い女性から人気を誇る水原を起用することで、「企業のイメージアップを狙っているのだろうが、逆に水原希子のイメージダウンにつながってしまうのでは」と心配の声も寄せられている。

 また、あくまで“友達探し”としての利用歴を語る彼女だが、「実は恋人探しなのでは」と踏むファンも少なくない。

 昨年、俳優・野村周平との破局が報じられて以降、恋愛話はご無沙汰な水原。過去には数々の国内外有名スターとの熱愛が話題になることもあったが、アンバサダー就任をきっかけに今後はマッチングアプリから庶民的な恋愛への発展もあるかもしれない。
(文/名古屋譲二)