» 多部未華子「異常需要」NHKゴタゴタも人気の証か
カルチャースポーツ社会

多部未華子「異常需要」NHKゴタゴタも人気の証か

多部未華子「異常需要」NHKゴタゴタも人気の証か
socialfill

 多部未華子が主演を務める『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)が最終回を迎え、“わたナギロス”を嘆くファンが急増中。

 そんな中、2021年4月から放送予定だった多部の主演ドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK)の続編について、多部が降板したことを「女性自身」(光文社)が報じた。

 多部は同ドラマでせっけんメーカーに勤めるアラサー独身女子を演じ、その演技力はファンからだけでなく、現場からも高評価を得ていた。同誌に登場するNHK関係者によると、この続編のオファーについて多部の事務所は、「前作と同じキャスト・スタッフ」と条件を提示。それにもかかわらず、制作側がこの条件を満たせなかったため、多部側は降板を言い渡したという。

 出演したドラマが軒並み高視聴率を叩き出しており、“令和の新視聴率女王”とも呼ばれている多部。中でも9月1日に最終回が放送された『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)は、平均視聴率19.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、有終の美を飾った。

 最終回の放送後は「わたナギロスがハンパなさすぎて、毎日1話から繰り返し見てる嬉し泣き」「私の癒しのナギサさんが終わってしまった……辛い」など、“わたナギロス”に陥るファンが続出した。最終回では、8日に『わたナギ』特別編の放送を発表。ネットは「“わたナギロス”回避」と歓喜するファンの声で溢れた。