木下優樹菜「虚言癖」異常ファンは今も健在の実状 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

木下優樹菜「虚言癖」異常ファンはいまだにタピオカ店攻撃!?

木下優樹菜「虚言癖」異常ファンはいまだにタピオカ店攻撃!?
socialfill

 木下優樹菜の“タピオカ騒動”について「週刊女性」(主婦と生活社)が新たな動向をスクープした。9月2日、損害賠償訴訟・第1回口頭弁論が東京地裁で行われた“タピオカ騒動”。同誌はタピオカ店のオーナー側へ取材を行い、この騒動が裁判沙汰になった理由について報じた。

 同誌に登場するワイドショー関係者によると、木下の元所属事務所は1000万円で示談を提案したが、オーナー側は「1000万円では足りないから2000万円は用意してほしい」と示談拒否したそう。

サッカー選手・乾貴士との“縦読み不倫疑惑”や新しい恋人のウワサ

 裁判に発展した理由についてオーナーは「とにかく優樹菜さんの言ってることは事実でないことばかり。裁判で嘘を暴いて、真実をハッキリさせたいと思って提訴しました」と語っている。

 どうやら木下の虚言壁は未だに健在のようだ。木下が世間を騒がせていたのは、“タピオカ騒動”だけではない。今年1月にはお笑い芸人・藤本敏史との離婚。サッカー選手・乾貴士との“縦読み不倫疑惑”や新しい恋人のウワサなど、男性関係の報道も後を絶たない。

 事務所は木下の引退について「今後、同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断した」とコメントしている。事務所とも木下の虚言癖が原因で関係が悪化したのではないかという憶測も飛び交っている。