» ローランド「初牛丼」で議論に…売れない時期は高級品だった?
カルチャースポーツ社会

ローランド「初牛丼」で議論に…売れない時期は高級品だった?

ローランド「初牛丼」で議論に…売れない時期は高級品だった?

 東京・新宿のヒルトン東京でホテル暮らしをしている「ホスト界の帝王」ことローランド。自身のYouTubeチャンネル『THE ROLAND SHOW【公式】』を5日に更新し、人気牛丼チェーン「吉野家」の牛丼を初体験する様子が公開された。

 動画内では、ローランドがホテルのルームサービスを利用しようとするも、提供時間外だったようで電話がつながらず。そこでスタッフから「吉野家って食べたことありますか?」との問いに「吉野家食べてみたい!」と返答。

当時は高級品という認識

「売れないホスト時代などに吉野家で牛丼食べたことないんですか」とのスタッフの問いに対して「逆に、売れない時期って吉野家はちょっと高かった」と当時は高級品という認識だったことを話し、100円コンビニの割引品で空腹をしのいでいたことを明かした。

 そして、スタッフが買ってきた「吉野家」の牛丼をローランドがついに人生初体験。だが、「ご飯とお肉が別だったらいいんですけど、ライスに乗っているのがちょっと…」とローランドの口には合わなかったようだ。

 筆者の回りにも、丼やカレーライスなど「白飯とそれ以外」が混ざった状態のものを苦手とする人は割といる。