芦田愛菜「三浦春馬さん想起」信じる発言 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

芦田愛菜「三浦春馬さん想起」信じる発言に見る難しさが…

芦田愛菜「三浦春馬さん想起」信じる発言に見る難しさが…
socialfill

 女優の芦田愛菜が3日、都内で行われた映画『星の子』(10月9日公開、配給:東京テアトル、ヨアケ)の完成報告イベントに登壇。

“信じる”ということがテーマとなっている本作に関連し、芦田は「裏切られたとか期待していたとか言うけど、その人が裏切ったわけではなく、その人の見えなかった部分が見えただけ。見えなかった部分が見えたときに、それもその人なんだと受け止められることができる、揺るがない自分がいることが“信じる”ことだと思いました」と高校1年生とは思えぬコメントを残した。

 天才子役として名を馳せ、学業でもその才女ぶりが伝えられている芦田さん。子役時代から活躍という点、そして今回の話の内容から、先日突然の死が報じられ、所属事務所だったアミューズからは未だに詳報が公開されず、その謎の多い三浦春馬さんのことに思い至る人もいたようだ。

「僕の人生を全否定するような出来事」

「週刊文春」(文芸春秋)が掲載した三浦さんの遺書の内容によると、2年半ほど前に三浦さんは「僕の人生を全否定するような出来事」を経験したとつづっており、その当時、三浦さんは母と離婚した実父と対面。