坂上忍「パワハラ」擁護ゼロが逆にすごい | Social Fill
カルチャースポーツ社会

坂上忍「パワハラ」擁護ゼロが逆にすごい…驚きなし

坂上忍「パワハラ」擁護ゼロが逆にすごい…驚きなし
socialfill

 3日、タレント・坂上忍の“パワハラ”を告発する声が、フジテレビの上層部に上がり、番組スタッフへの聞き取り調査が行われていたことを「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。坂上がMCを務める情報番組『バイキング』(フジテレビ系)では、以前から坂上のパワハラ疑惑があり、彼を擁護する人はもういない状況かもしれない。 

「週刊文春」によると、「以前から坂上さんに『なんでできねえんだよ!』などと面罵された“被害者”は数えきれないほどいました。6月中旬には坂上さん本人にも事情聴取が行われ、彼は『時事ネタを扱う態勢を整えないフジにも問題がある』などと答えたようです」「もう限界です。このままだと社員がもちません」と、フジテレビ社員が語っている。 

 さらに、同誌の記者が坂上に直撃取材すると、「今の時代相手がパワハラだと言ったらパワハラだと。僕はそれ、暴論だと思っているんですけどね」と答えたという。 

 そんな坂上に対し、ネットでは「普段から傲慢な態度だしパワハラは納得できる」「もうバイキングは打ち切りにしてほしい」と避難の声が相次いでいる。坂上は、6月にも「週刊女性」(主婦と生活社)にパワハラを報じられている。同誌によると、『バイキング』の制作スタッフ2名が、坂上からのパワハラが原因で休職したとのこと。しかし、フジテレビはその事実を否定したという。 

 火のない所に煙は立たぬように、坂上に疑惑の目を向ける視聴者はいるだろう。そして今回「週刊文春」の報道に対しては、坂上をかばうような声は見られなかった。 

 元々坂上は週刊誌などの「嫌いな司会者」ランキングの上位に名前が上がるほど、視聴者から拒否反応を示されているタレントだ。この報道を境に、人気はさらに落ちていくかもしれない。 
(文/愛知太郎)