三浦春馬「アミューズの謎」文春も触れない理由 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「アミューズの謎」文春も触れない理由と「真実を」の声

三浦春馬「アミューズの謎」文春も触れない理由と「真実を」の声
socialfill

 先月、突然自ら命を絶った俳優の三浦春馬さんに関し、いまだ多くの情報が週刊誌などで取り上げられている。

 4日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、三浦さんの死後に放送されたNHKドラマ『太陽の子』の衣装や演出が杜撰だったとNHKのシニア・ディレクター、大森洋平氏が語った、といいう記事が出た。どうやら三浦さんが演じた役柄の服装などが、史実と照らし合わせると違うようで三浦さんを「気の毒」としている。

 この記事に関してネット上などでは「別にそこじゃない」「春馬くんの素晴らしい演技の話だけで十分」「気の毒っていうのはおかしい」など、反発も少なくない。

「文春に真実を書いてほしい」

 一方「文春さん、そこじゃないですよ」「文春に真実を書いてほしい」「あの話はどうなった」と「文春」に対する悲痛な期待もうかがえた。

「いまだに三浦さんの死に関しては謎が多く、親族との問題などが中心に取りざたされていますが、判然とまではいっていません。

そんな中、所属事務所だったアミューズが死後の詳細について詳しい情報を開示しないこともあったこと、さらに生前の三浦さんの仕事の詰め込まれ方を指摘する声もあり『過剰労働だったのでは』という疑惑も浮上しています。