多部未華子「三浦春馬さん最後のバトン」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

多部未華子「三浦春馬さん最後のバトン」視聴率女王へ

多部未華子「三浦春馬さん最後のバトン」視聴率女王へ
socialfill

 多部未華子主演の火曜ドラマ『私の家政婦ナギサさん』(TBS系)が1日夜に放送された最終回で、番組最高となる19.6%の世帯平均視聴率を記録。ストーリーが感動のフィナーレを迎えるとともに、数字面でも有終の美を飾る形となった。

 当初は4月14日から放送開始予定だった同作だが、新型コロナウイルスの影響で約3ヶ月遅れとなる7月7日より放送開始。初回視聴率が14.2%(ビデオリサーチ調べ)という好スタートを切ると、その後も12.8%→12.7%→12.4%と高水準をキープ。第5話以降は14.4%→16.0%→16.6%→16.7%と毎週番組最高記録を更新し続け、最終回となった1日の20%に迫る高数字へと繫げてみせた。

三浦春馬さんと「4年に一度」…

 多部のTBSドラマへの出演は2016年7月期の『仰げば尊し』以来。このときは、寺尾聰扮する高校教師の父をささえるしっかり者の娘という役どころだったのに対し、「私の家政婦ナギサさん」ではバリバリのキャリアウーマンではあるものの、家事や恋はとんと苦手で私生活では抜けている部分が多いという主人公を実にチャーミングに演じきった。

 なお、1日の放送で最終回を迎えた『私の家政婦ナギサさん』だが、放送終了と同時に「新婚おじキュン!特別編」を次週8日に放送することを発表。高視聴率を記録した同作のその後を描いた内容となっているようで、今から放送当日が待たれる。

 また、この「火曜10時枠」では、15日より松岡茉優主演『おカネの切れ目が恋のはじまり』がスタートする。同ドラマには、先日突然亡くなってしまった三浦春馬さんもメインキャストに名を連ねており「遺作」というべきドラマだ。