小倉優香「処刑」松本人志の言葉 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

小倉優香「処刑」松本人志の言葉…ラジオ降板だけで済まない?

小倉優香「処刑」松本人志の言葉…ラジオ降板だけで済まない?
socialfill

 グラビアタレントの小倉優香が、レギュラーだった『アッパレやってま~す! 水曜日』(毎日放送)を降板することがわかった。

 同局の三村景一代表取締役社長は「小倉優香さんには、ご本人のご希望どおり番組を降板いただきます」と発表。小倉は7月29日の放送で突如「辞めさせてください」と降板を直訴し騒然となっていた。

 局の社長がわざわざ「ご本人の希望通り」というのだから、言葉の重みはある。騒動時から「あまりにも非常識」「感謝とかないんだね」と厳しい批判にさらされていたが、今回の降板にも「当然」といった見方がほとんどだ。

松本人志がトドメ

 今回の件で小倉の仕事はだいぶ制限されるのでは、といわれている。

「テレビ界隈では完全なルール違反ですし、他局もなかなか起用しようとは思わないでしょう。タレント生命はもはや風前の灯です。

また、この騒動直後の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、ダウンタウンの松本人志さんが『この感覚は我々には本当にわからないわ』とバッサリ。