三浦春馬さん「ファンの精神限界」カネ恋予告だけで悲痛 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬さん「ファンの精神限界」カネ恋予告だけで悲痛な反応だらけ

三浦春馬さん「ファンの精神限界」カネ恋予告だけで悲痛な反応だらけ

三浦春馬さん「ファンの精神限界」カネ恋予告だけで悲痛な反応だらけ
socialfill

 7月18日に急逝した俳優の三浦春馬さんが、亡くなる直前まで撮影に参加していたドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)のティザー動画が8月22日、YouTube上で公開され注目を集めている。

 三浦さんの遺作となったこのドラマは、三浦さんが“御曹司の浪費男子”を演じ、主演の松岡茉優演じる“清貧女子”との恋模様を描くラブコメディ作品。本編をダイジェスト版に編集したティザー動画でも、三浦さんが笑顔で「よろしくね」と挨拶している姿が印象的だ。

 ドラマの撮影は三浦さんの出番を含めて3話分まで終了しており、全8話だったストーリーに手を加え4話完結に圧縮して9月15日から放送が開始されるという。この対応からも、「三浦さんの最後の作品をお蔵入りさせたくない」というスタッフの想いが感じられる。

「もし生きていてくれたらって未だに思うよ」

 そんな想いの込められた動画に三浦さんのファンたちも敏感に反応。俳優・三浦春馬の最後の演技を見た感想がネットにあふれ続けている。

「もし生きていてくれたらって未だに思うよ」「この人の今後の活躍を見れんのが本当に残念で仕方がない」といった突然の別れを惜しむ声が後を絶たない。さらには「未だにニュース見るたび暗くなってしまうんだけど、いつかニュースがなくなってしまうことが悲しくもある」と、今後三浦さんが忘れられていく未来に胸が痛むユーザーが。