小島瑠璃子「四角関係」原泰久氏と関係元アイドル特定… | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 小島瑠璃子「キングダム泥沼四角関係」原泰久氏と関係元アイドル特定へ

小島瑠璃子「キングダム泥沼四角関係」原泰久氏と関係元アイドル特定へ

小島瑠璃子「キングダム泥沼四角関係」原泰久氏と関係元アイドル特定へ
socialfill

 先日、マンガ『キングダム』の作者である原泰久氏との「福岡デート熱愛」が報じられた、タレントの小島瑠璃子。

 原氏には3人の子どもがいて、離婚の報道がない中で小島との交際が発覚したことで「不倫略奪」の疑惑も出たが、実は事態はそれ以上に泥沼だったようだ。

「週刊文春」(文藝春秋)によれば、今回の熱愛報道は原氏をめぐる「四角関係」だったという。詳細は「文春オンライン」、ネットの有料記事、または27日発売の同誌をご覧いただきたいが……。

 現状オンラインで無料公開されている情報によれば「原氏には小島以外も“彼女”がいた。その女性は元アイドルで『妻と別れるから付き合って』と原氏から言い寄られた。結局一緒にはならず、その後小島と交際」とのことだ。

『なんか作者がガッカリ』

 最初の報道では「小島が不倫したのでは」という意見とバッシングが相次いだが、どうやら原氏の行動にもツッコまれそうな部分が多そうだ。

「同誌ではその元アイドルの女性や原氏も取材しているようです。現状表に出ている情報を見ても、原氏が複数女性と関係を得ようとしていたのは見えます。

『キングダム』はアニメ化、実写映画化もされいずれも大ヒット。『鬼滅の刃』や『進撃の巨人』と並ぶ大ヒット漫画です。それだけに『なんか作者がガッカリ』『マンガに集中してほしい』『小島も原も最低ということで』など、残念がる声は多いですね。確かに作品にまでミソがついてしまうような話ではあります」(メディア記者)