» 小室圭さん「現在の肉声」入手…英語力披露も「そこじゃない」
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • 社会
  • 小室圭さん「現在の肉声」入手…英語力披露も「そこじゃない」

小室圭さん「現在の肉声」入手…英語力披露も「そこじゃない」

小室圭さん「現在の肉声」に衝撃…英語力披露も「そこじゃない」

 まさかの世界デビューだ。

 秋篠宮家の長女である眞子さまと、長らく「結婚問題」で揉めているのが、小室圭さんだ。現在はコロナウイルスの影響がもっとも強いアメリカで、国際弁護士となるべく勉学に励んでいる(らしい)。

 婚約会見後に母・佳代さんと元婚約者の借金問題が発覚し世間から批判が殺到。皇室にふさわしくないという意見が多くなり、その後「結婚延期」が発表された。それから2年、いまだに問題が解決しておらず、新型コロナウイルス騒動でやや忘れ去られがちだが、いまだ皇室の大きな問題として横たわっている。

 留学中のフォーダム大学は現在閉鎖中で、小室さんはおそらくどこぞに引きこもって勉強している、と思われている。だが、今どこにいるのか、何をしているのかをマスコミも把握できなかった。

 ただ、唐突に「近況」が明らかになってしまった。それが冒頭の「世界デビュー」である。記者が語る。

抜群の英語でインタビュー!?

「フォーダム大学ロースクールのHPに小室さんがいたんですよ。それも記事や写真ではなく『声』です。小室さんは大学で、金融のプロフェッショナルにインタビューを行ったようで、その音声が残っていたんです。

小室さんは流ちょうな英語、かつ金融の専門用語を駆使しながらインタビューを展開。はからずも『英語力』『ポテンシャル』を披露することになりました。もともとインターナショナルスクールからICUという生粋の『英語学生』だけに土台はあります。さらには法学の勉強で語彙力も向上したということでしょう。ちゃんと勉強していたことだけは確かになりましたね」

 まさかの肉声デビューとなった小室さんだが、だからといって世間が結婚を許すかといえば、残念ながらそれは別の話だ。

 あくまでも国民が求めるのは、借金問題の解決や国民への説明などで、世間からも「なんだこのどうでもいい情報」「これこそ不要不急」と批判的な意見が止まらない。

 また、今回のインタビューに関してもある疑惑が……。前述の記者が続ける。

「インタビュー内容も動画ではないですし『カンペくらいあったでしょう』という指摘は数多いです。奨学金など、フォーダム大学の小室さんに対する対応は手厚かったのは事実ですし『やりすぎ』という意見すらありました。今の世間イメージを踏まえると、とてもではないですが素直に受け止めてくれる国民は少ないようです」

 眞子様とは1年以上まともに会っていない状況の小室さん。いったいいつになれば帰ってくるのか。眞子さまはもとより、国民がこの問題の解決を待っている。

(文・矢島俊)