勝村政信「謝罪は嘘?」三浦春馬さん侮辱 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

勝村政信「謝罪は嘘?」三浦春馬さん侮辱寄せ書きの“裏”

勝村正信「謝罪は嘘?」三浦春馬さん侮辱寄せ書きの“裏”
socialfill

 22日、俳優の勝村正信が、所属事務所の公式サイトで謝罪文を掲載した。

 先月この世を去った俳優・三浦春馬さんをしのんで、先月31日に行われたという舞台『罪と罰』の出演者らの“追悼会”。そこに勝村もいたわけだが、その会の写真で「ピースサイン」をしている人物がいたり、勝村のメッセージに「でかちんくんへ 愛してるよ 永遠に」と、状況にそぐわないあだ名メッセージがあったなどとして炎上していた。

 勝村は以前より春馬さんと「カッチン!」「デカチン!」と呼び合う仲だったという。「この度の訃報に際し、未だに驚きとか悲しみとかの具体的な実感が得られないほど、やり切れない不思議な感情を抱えています。そんな思いから、集まれる「罪と罰」のメンバーが心のうちを語り合い、春馬君にも語りかける場をもったのが7月31日のことでした。」「皆さんがSNSで目にした色紙にも、いつものように親しみを込めて彼の愛称を書き込んでしまいました」などとした。

 世間からは「外野がとやかくいうことではない」「本人たちにしかわからないこともある」と擁護する声は、もちろん多い。

 しかしその一方で、謝罪した上でも「ツッコミ」が多いのは事実だ。