山下智久「亀梨和也と差」公の謝罪なし | Social Fill
カルチャースポーツ社会

山下智久「亀梨和也と差」公の謝罪しないキャラに…

山下智久「亀梨和也と差」公の謝罪しないキャラに…
socialfill

 先日の未成年飲酒騒動で、17日に芸能活動自粛が発表されたジャニーズの山下智久。彼が表舞台に立つことは当分なさそうな中、酒席に同席していたKAT-TUN亀梨和也が公式の場で生謝罪を行った。山下と亀梨の謝罪の違いに、ネットではさまざまな声が上がっている。

 19日、東京で行われた主演映画『事故物件 恐い間取り』(28日公開)の舞台イベントに登場した亀梨は、「先日の報道により、多くの皆さまにご迷惑、ご心配をおかけしてしまったことを、心よりお詫び申し上げます」と頭を下げて謝罪した。この謝罪は亀梨本人の申し出から実現したそうだ。

公の場で山下の謝罪がない

 一方、山下はファンクラブを通じ、ファンに謝罪メッセージを送ったのみ。こうした山下に対し、ネットでは「亀梨は謝ったのに、山下は逃げてる」「公の場で山Pは謝るべきだったな」と、亀梨との謝罪の違いに批判の声が上がっている。山下のスキャンダルに巻き込まれたにもかかわらず、誠実に謝罪をした亀梨の態度が、公の場で山下の謝罪がないことをより際立たせてしまったようにも見える。

 2018年に起きたNEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキの未成年飲酒騒動で、2人はそれぞれテレビの生放送中に謝罪を行っている。さらに、小山は活動自粛に入る前日から謝罪しており、禊を済ませてからの復帰に成功している。この一件と比べても山下の対応との差が出てしまっている。

 現在山下は芸能活動自粛中であり、公の場で謝罪するにしてもだいぶ先の話になりそうだ。世間のバッシングを見る限り、公の場できちんと謝罪した後に活動自粛に入れっていればこのような批判は起きなかったかもしれない。

 しかし、すべては後の祭り。今は活動再開後の山下を待ちたい。
(文/愛知太郎)