» 武豊(JRA)G1絶不調を断つ? アーモンドアイを出し抜くコントラチェックの条件
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • スポーツ
  • 武豊(JRA)G1絶不調を断つ? アーモンドアイを出し抜くコントラチェックの条件

武豊(JRA)G1絶不調を断つ? アーモンドアイを出し抜くコントラチェックの条件

武豊(JRA)G1絶不調を断つ? アーモンドアイを出し抜くコントラチェックの条件
photoAC

 17日に開催される春の古馬牝馬女王決定戦・ヴィクトリアマイル(G1)。今年の主役はなんといっても6冠を誇るアーモンドアイで、1倍台のオッズも見込める状況だ。

 ラヴズオンリーユーらライバルもいるが、何度見ても実績面では比較にならない。ファンの視線を一身に受けて、アーモンドアイが久々にターフに舞い降りる。

 一方、このレースで、何とか大舞台での「流れ」を変えたいのが武豊騎手だ。

 武豊騎手のこの春のG1は散々な結果で終わっている。フェブラリーSを人気のインティで大敗、高松宮記念、大阪杯を連続最下位で終わっている。桜花賞こそレシステンシアで2着に食い込むも、デアリングタクトの歴代屈指の末脚に見舞われる不運。皐月賞でも期待のマイラプソディで完敗、天皇賞・春ではキセキが暴走逃げをして敗退し、先週のNHKマイルCでは3番人気サトノインプレッサに騎乗するも、外を選択し末脚爆発、とはいかず大敗した。

 とにかくG1でいいところがない武豊騎手。ヴィクトリアマイルでは、重賞2勝のコントラチェック(牝4 美浦・/藤沢和雄厩舎)に騎乗する。

とにかく逃げなきゃダメな馬

 逃げ、先行が身上のコントラチェック。通算9戦4勝とまずまずだが、自分のレースに持ち込めなかった際にモロさを見せる傾向にある。しっかり自分のペースで逃げられた時の成績は安定しているのが透けて見える。

 キタサンブラックら逃げ馬での実績が豊富な武豊騎手の手腕には期待したいところである。しかも先週の東京を見る限り、うまく逃げられれば上位は十分にありそうだ。現場の記者も期待を寄せる。

「先週のNHKマイルCは、インコースで前目につけた馬が軒並み上位という『行った行った』のレースになりました。『レースレベルが低いのでは』という意見もありましたが、近年の春の東京は超がつく高速馬場で、インコースの先行馬がそのまま押し切るレースも多い。傾向的にはコントラチェックにはいいでしょうね。

東京競馬場は昨年のオークス以来となりますが、距離が長かったという話もありますし、逃げではなく2番手先行のレースをしてしまいました。マイルでは好成績も多いですし、昨年末のターコイズSも勝利しています。他馬がアーモンドアイを気にしているうちに軽快に逃げることができれば……という感じでしょう」

 となると、コントラチェックとしては内枠を確保し、スタートをしっかり決めたいところである。これまでの成績を鑑みるに、スタートでつまずいた時点で「ノーチャンス」の可能性が高い。

期待すべき「神風」?

 また、先週のNHKマイルCにおいては、上位馬にとっては「神風」が味方した? との意見も。別の記者の話。            

「最近の東京競馬場は風があまりにも強く、隣のダートコースの砂が芝コースに流れてくることもしばしば。NHKマイルCも肉眼ではっきりと砂ぼこりが見て取れました。走っている馬たちもそれを感じないわけがないでしょうし、動揺もあったのか結果的にあまり『動きのない』レース結果になってしまいました。もしこの風が来週も吹くのなら、前目の馬がまた有利になるなんてことも……」

 アーモンドアイなら風などお構いなしに脚を伸ばしてきそうだが……コントラチェックはとにかくのびのびと逃げ、直線でセーフティリードを築きたいところである。

(文・取材/権藤正一・競馬担当)