山下智久を『バイキング』超擁護ドン引き | Social Fill
カルチャースポーツ社会

山下智久を『バイキング』超擁護…事務所は「ちゃんとしてる」

山下智久を『バイキング』超擁護…事務所は「ちゃんとしてる」
socialfill

 8月18日、昼の情報トークバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)は、ジャニーズ事務所は未成年との飲酒について事実を確認した上で山下智久とKAT-TUN・亀梨和也に処分を下したことを報じた。

 同番組に出演するタレントのヒロミは「このコロナ禍でこんなことがあるのは、脇が甘いよね。本人にはしっかり反省してもう一度頑張ってほしい」と発言。さらに番組のMCを務める坂上忍とともに「年齢に関しては本人が二十歳と言っていたら確認は難しいよね」と山下と亀梨を擁護した。

 山下と亀梨は7月30日、六本木のバーで同席した女子高生モデルらと飲酒、その後山下はそのうちの一人の女性とホテルで過ごしたことが週刊誌で報じられていた。これに対し、昨日ジャニーズ事務所が公式HPで、山下と亀梨に事実を確認し未成年とバーで同席した事実があったことを認め、周囲の人らが年齢を偽っていたことを明かした。その上で事実を重く受け止めた山下には一定期間の芸能活動を禁じ、亀梨には書面での反省を促すと発表した。

ヒロミ「ちゃんと対応している」

 坂上はヒロミに「ジャニーズさん、最近ダメなものはダメって姿勢を貫いているけど、あれってタッキーが副社長になった頃から?」と質問。

 それに対しヒロミは「前はあんなに長いコメントはジャニーズから出てこなかった。ちゃんと対応している」と答えジャニーズ事務所の対応の変化に同意を示した。坂上も「タッキー自身がもともとプレイヤーだったからこそ、すべてオープンにした方が後々判明したときにイメージが良いって考えなのでは」と、ジャニーズ事務所の対応について語った。