松岡茉優「有岡大貴の励まし」三浦春馬さん死で憔悴の裏 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

松岡茉優「有岡大貴の励まし」三浦春馬さん死で憔悴と復活の裏

松岡茉優「有岡大貴の励まし」三浦春馬さん死で憔悴と復活の裏
socialfill

 女優の松岡茉優の「私生活」に関し、思いもよらぬ形で情報が出ている。

 現在、数多くのドラマや映画に出演し、演技の評判もいい松岡。25歳にして女優として盤石のポジションを確保している印象である。

 ただ先月、突如亡くなった俳優の三浦春馬さんの件には、当然ながら本人も極めて大きなダメージを受けたようだ。松岡は三浦さんと『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)でW主演。すでに3話まで撮り終えていた。「日刊ゲンダイ」の記事によれば、松岡は訃報を聞き、まともに歩くこともできなくなったようだ。

 その後数日は一切発言は出さなかったが、8月2日の『マチネの前に』(TBSラジオ)で「ドラマのことを少しだけ、お話させてください。もう2週間とちょっと経ちますが、とても悲しいことがありました」「私の個人的な気持ちとして1ヶ月と少し、相手役としてお芝居を受けていた身として、あの素晴らしい猿渡慶太という人物を皆様に見てほしいと思いました」と、三浦さんと『カネ恋』が4話完結で放送されることに触れ「もし受け取れないかもしれない、つらくて見れないかもしれないという方は、ご無理なさらないでください」とも付け加えている。

 そんな中「ゲンダイ」は、三浦さんの死が発覚した後、松岡を支えた「恋人」についても触れている。