» 三浦春馬さん「死の前日」姿に衝撃…『カネ恋』現場で…
カルチャースポーツ社会

三浦春馬さん「死の前日」姿に衝撃…『カネ恋』現場で…

三浦春馬さん「死の前日」姿に衝撃…『カネ恋』現場で…
socialfill

 先月、突然この世を去った俳優の三浦春馬さん。

 三浦さんは7月18日に自宅で首を吊っている姿が見つかった。その日は『おカネの切れ目が恋の始まり』(TBS系)の撮影があったが、現場に現れなかったという。W主演だった女優の松岡茉優の衝撃は当然ながら尋常ではなく、その日は放心状態で現場を後にした、という情報も後に入っている。

 ファンは当然として、関係者や友人たちも「そんな素振りはなかった」とし、だからこそいまだ衝撃が収まらない部分もある。

 そんな中「スポニチ」が、三浦さんに関する記事を掲載し、話題を呼んでいる。

4話、5話について打ち合わせ

「記事はスポニチや週刊誌の関係者らの談義形式だったんですが『真面目な人だった』『役に没頭しすぎて、仕事が終わっても役抜けしないタイプ』『取材も丁寧に応じてくれた人だった。仕事も引っ張りだこだったから各所に走った激震は大きかった』などの情報が出ていましたが……。

世間が注目しているのが『ドラマは3話まで撮り終えたそうで、帰り際に自分からスタッフと4話、5話について打ち合わせした』と、死の前日に『カネ恋』の現場で三浦さんが仕事に積極的だった様子を語っています。