浜辺美波「三浦春馬さん想う」号泣に心配 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

浜辺美波「三浦春馬さん想う」号泣に精神不安の声

浜辺美波「三浦春馬さん思い出す」号泣に精神不安も
socialfill

 15日、俳優の三浦春馬さんが出演する『太陽の子』(NHK)より地上波で放送される。

 戦時下で核分裂エネルギーを使った新型爆弾の製造を命じられた研究者らを描いたドラマで、柳楽優弥、有村架純、三浦さんら豪華キャストの共演となる。

 先月、突然亡くなった三浦さんの出演作として、放送のずいぶん前から大きな注目を集めていた。今回の放送に「三浦春馬くん、在りし日の姿しっかり胸に焼き付けます」「渾身の演技、じっくり見たい」といった声が多数だ。

 三浦さんの件は芸能界やファンを中心に、極めて大きな影響を及ぼした。とりわけ芸能界の「メンタリティー」が改めて注目されている。

「アノ女優」の突然の“号泣”

 先日も俳優の横浜流星が、休日の過ごし方に関し「家にいる時くらいリセットしたくて。ちょうど良いところに壁があるんで、壁をずっと一点集中して見ている」「気付いたら夕方になってた」と発言し、ファンから「ストレス溜まってるのかな」「こういうの聞くと、どうしても三浦春馬くんを思い出す」「仕事しすぎだよなあ」と心配の声が相次いだ。

 また、14日には「アノ女優」の突然の“号泣”が注目されている。

「映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の初日舞台あいさつで、浜辺美波さんがファンが学生時代の思い出写真や動画を募集する企画で作られた動画を見て『私は中学の時の写真がなくて……』『写真は撮っておくとね、疲れたときに……。もっと楽しんでおけばよかったなって』と涙しました。