» 東出昌大「イメチェン」図太さは大物…露出増の“幸運”も
カルチャースポーツ社会

東出昌大「イメチェン」図太さは大物…露出増の“幸運”も

東出昌大「イメチェン」図太さは大物…露出増の“幸運”も
socialfill

 主に悪い意味で世間の関心を集めている男・東出昌大。8月13日に行われたフジテレビ系月9ドラマの劇場版『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の大ヒット御礼舞台挨拶は、元妻・杏との離婚発表後初の公の場とあって、多くのメディアが注目した。

 不倫発覚以来、世間からのバッシングが続いており、焦燥感ただよう東出の姿が印象に残っていたが、この日の東出は違った。

 カジュアルなシャツにパンツ、髪型も変わって顔もこんがり日焼け。思わず、同作の共演者で今回はリモートでの参加となった小日向文世から「顔焼けたね!」とのツッコミが入るほどだった。

完全に吹っ切れた感

 サプライズで劇場版の第3弾『―英雄編』の製作決定が報告され、東出はそれを受けた感想コメントとして、今作を『プリンス編』と言い間違えると、主演の長澤まさみから「プリンセス編ね」とツッコミが入り苦笑い。三人の関係性の良さと、東出の素朴な表情で、場の空気も和んだ。

 会場で東出の快活ぶりが際立ったのは、おそらく過去の“絶望画像”の影響だろう。不倫騒動真っただ中に、東出が桐谷健太とW主演を務めた『ケイジとケンジ』(テレビ朝日系)の公式インスタグラムに登場した際は「顔が死んじゃってる」と揶揄されていたが、今回はSNSで「これはこれでカッコイイ!」との声も。

 続々と出演オファーも舞い込んでいるようで、離婚で落ち込んでいるかと思いきや、完全に吹っ切れた感すらある。