『半沢直樹』政界は歴代ウルトラマン!? | Social Fill
カルチャースポーツ社会

『半沢直樹』政界は歴代ウルトラマン!? テロップにザワつく

『半沢直樹』政界は歴代ウルトラマン!? テロップにザワつく
socialfill

 10日に4話が放送された『半沢直樹』(TBS系)。

 子会社の証券会社に出向となった堺雅人演じる半沢が、企業買収を巡って親会社の銀行と激しく対立。4話は第一部のクライマックスということで、香川照之演じる大和田、市川猿之助演じる伊佐山ら敵が入り乱れる大混戦となった。

 番組後半では「銀行に戻った」半沢が、新たに航空会社「帝国航空」の再建に乗り出すプロローグが描かれたが、継の相手は“政治家”ということで、鍵を握る「内閣改造」のシーンに。江口のりこ演じる国土交通大臣・白井亜希子がサプライズ人事に。帝国航空再建に関し、半沢と激しくぶつかりそうな気配だ。

 そんな中、ドラマ内の内閣改造速報のテレビ画面の「テロップ」に大きな注目が注がれている。

外務大臣の『東光太郎』や国家公安・防災大臣が『郷秀樹』…

「組閣のテロップで、各大臣の名前が書き連ねられているのですが、外務大臣の『東光太郎』や国家公安・防災大臣が『郷秀樹』、官房・拉致大臣が『諸星誠司』、防衛大臣が『早田進介』となっています。