三浦春馬さん「蒼井優の影響」役者の転機 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬さん「蒼井優の影響」役者の転機と「母親の介入」

三浦春馬さん「蒼井優の影響」役者の転機と「家族の介入」
socialfill

 先月、突如亡くなった俳優の三浦春馬さん。

 いまだにファンから、友人から、関係者から悲しみの声が後を絶たない状況だが、「週刊文春」(文藝春秋)が、三浦さんと生前「親友」だったという人物のインタビューを記事にしている。

 内容としては、三浦さんが家族から長らく金の無心をされ、とりわけ自身の実父からの金を要求されたことに絶望を感じた……など、三浦さんが長らく家族関係に悩まされていたことなどが明かされている。これまでも三浦さんと家族の問題は取りざたされていたが、近しい人物の告白により、その詳細として記されている状況だ。

 また、過去に交際していた「アノ女優」との関係性についても、改めて大きな注目を集めている。

蒼井優との交際が“転機”に

「2013年に交際が報じられた、女優の蒼井優さんですね。当時“魔性の女”として数多くの男性芸能人と浮名を流していた蒼井さんとイケメン俳優として大人気だった三浦さんとの交際は、非常に注目されました。

三浦さんは、蒼井さんとの交際の中で演劇論を交わし、役者としての気持ちが変わったといいます。蒼井さんも演技派でしたし、年上で役者として先輩。いろいろと吸収したようで、後の作品への向き合い方も変わったといいます。

その一方、以前の『文春』では『2013年に報じられた女優との交際に関し、母親と口論に』とも報じられています。