米津玄師「サブスク占拠」解禁で制圧確実 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

米津玄師「サブスク占拠」解禁で制圧確実の大反響…格が違う

米津玄師「サブスク占拠」解禁で制圧確実の大反響…格が違う
ぱくたそ

 シンガーソングライターの米津玄師のニューアルバム『STRAY SHEEP』が5日にリリースされた。

 収録曲“カムパネルラ”のPVが公開され早くも再生回数を伸ばしているが、それ以上に注目されているのが「サブスク解禁」だろう。

 ボカロPの「ハチ」名義の楽曲を含む過去作品がサブスクリプションサービスで配信リリース。iTunesやSpotifyなどで配信され、すでに「米津占拠」が起こりつつある。

ランキング上位独占確実

「これまで『サブスク解禁しないアーティスト』の代表格として知られた米津さんですが、満を持して、という感じですね。YouTubeなどでのPV視聴数は他の追随を許さない圧倒的な再生回数で、チャンネル登録者数も日本有数。この状況でサブスク解禁となれば、iTunes等のランキング上位を独占してもおかしくないでしょう。

米津さんといえば『Lemon』や『馬と鹿』などドラマタイアップした楽曲が有名ですが、ハチ名義時代の曲やアルバム楽曲など、多くの人がまだ聴いたことがない曲もあります。改めて『米津ブーム』が来るのは確実でしょう」(メディア記者)

 今や「JPOPの帝王」ともいえる米津。当面は米津の天下は続きそうだ。サブスク運営の会社もホクホクか。
(文/河合良一)