» 小倉優香「引退」ラジオ降板宣言の裏に「過激セクハラ」で出演激減へ
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 小倉優香「引退」ラジオ降板宣言の裏に「過激セクハラ」で出演激減へ

小倉優香「引退」ラジオ降板宣言の裏に「過激セクハラ」で出演激減へ

小倉優香「引退」迷惑降板行為の裏に「過激セクハラ」で出演激減へ
ぱくたそ

 モデルの小倉優香が29日、MBSラジオ『アッパレやってまーす!水曜日』で「朝早く起きて夜早く寝るという生活をしていて、ラジオがつらくなったので辞めたいと事務所に言ったんですけど、3~4カ月話してくれないのでここで言います。辞めさせてください」といきなり宣言した件が大いに騒動となっている。

 出演者のケンドーコバヤシやアンガールズの2人などもいきなりの発言に困惑し「申し訳ないけど、事務所の方で……」とほぼ絶句状態。

「スポニチ」によれば、いきなりの宣言にマネジャーは号泣、番組スタッフは大激怒とカオスな状況になってしまったという。明らかな“迷惑行為”をしてしまった小倉だが……。

「自分で自分の首絞めてるの解ってない」

 世間からも「社会人として終わってる」「彼女にも色々事情があったかもしれないが、これは完全にアウト」「自分で自分の首絞めてるの解ってない」「子供みたいな理由だし。芸能界から干されてしまうのではないか」と批判的な意見が殺到している。

 一方「相談や希望に向き合ってもらえないまま長期間経った末に起きたことかもしれない」「事務所がちゃんと聞いてやればこんなことにはならないのでは」と、事務所とのコミュニケーションの問題だったのでは、という声も。また、番組の特徴であるのだが、ケンコバが「セクハラまがい」の言葉を小倉など女性出演者に言わせる場面も多く、それに嫌気がさした可能性も一部でいわれている。