» 大倉忠義「次の退所」筆頭…長瀬智也に続く「ストーカー」理由
カルチャースポーツ社会

大倉忠義「次の退所」筆頭…長瀬智也に続く「ストーカー」理由

大倉忠義「次の退所」筆頭…長瀬智也に続く「ストーカー」理由
ぱくたそ

 先日、ジャニーズ事務所を脱退したTOKIOの長瀬智也

 TOKIOの中心として、ジャニーズ屈指のタレントとして長らく活躍してきた長瀬だが、今後は「裏方」として活動しいていく考えだという。

 最近は手越祐也や渋谷すばる、錦戸亮、中居正広など人気タレントが相次いで退所しており、台所事情への心配の声が絶えない。

 一方、今後「他のジャニタレも大量脱退する」といわれている。

次の退所は大倉忠義?

「『週刊文春』(文藝春秋)でも、すでに他の何人かが“辞表”を提出していると報じ、いったい誰かと話題になっています。

一番いわれているのが『フライデー』(講談社)でも語られている関ジャニ∞・大倉忠義さんです。2018年に『駅や空港はもちろん、プライベートで食事をする時にもつきまとってくる』『かばんに物を入れられたり、突然手を繋がれたりもした』『普通の人に戻る方がよっぽど楽だろう』『そろそろ限界』と告白していました。

深刻なストーカー被害を受け、その『#状況は一切変わってない』ともその後語っていますし、辛い状況かもしれません。過剰なファンに疲弊しているジャニタレは多いはずです」(メディア記者)

 最近はSNSによるアンチの誹謗中傷が騒がれているが、身勝手な“熱烈ファン”がタレントを追い詰めることもある。

 大倉は今後もジャニーズを続けるのだろうか。長瀬を「きっかけ」としてもおかしくはない。
(文/城島信二)