» 山口達也「TOKIO復帰」ハードル多し…「わいせつイメージ」と時期
カルチャースポーツ社会

山口達也「TOKIO復帰」ハードル多し…「わいせつイメージ」と時期

山口達也「TOKIO復帰」ハードル多し…「わいせつイメージ」と時期
ぱくたそ

 22日、TOKIOの長瀬智也がジャニーズ事務所を退所することが発表された。

 長らくジャニーズ事務所屈指の人気タレントとして活躍してきた長瀬。今後は制作側、裏方としても活動することを考えているようだが、スタータレントだけに周りは放っておかないだろう。ファンとしても「長瀬が見られなくなる」というのは嫌に違いない。

 また、注目されているのが、すでに芸能界を去っている山口達也さんの動向だ。

 長瀬以外の3人は新会社を起ち上げ、TOKIOとして存続させる予定。“広報”の松岡昌宏も、山口の復帰やTOKIOとしてのバンド活動を「絶対ないとはいえない」と語っており、復活に期待するファンも少なくない。

「強制わいせつ、というイメージはいまだに強烈で、慎重に慎重を重ねて復帰に向けて動く他ないでしょうね。スポンサーなどを納得させるのが非常に大変なのは間違いないでしょう。

それでも、松岡さんなどメンバーが何とか道筋を作ってあげたいのが伝わってきますね。長瀬さんも山口さんのことで音楽活動ができなくなり、事務所との関係が悪化したといわれています。果たして5人が再び揃うことはあるんでしょうか……」(メディア記者)

 やってしまったことのインパクトが大きく、また昨今の社会ではとりわけバッシングを受けやすい内容だっただけに、復帰に向けて危惧の声が出るのも当然か。

 いずれにせよ、長瀬が退社するまでは大きな動きはないだろう。一部では「夏以降に復帰」という情報もあるが、果たして。
(文/Social Fill編集部)