» 有村崑「反省ゼロ」コロナ退院も舞台杜撰の謝罪なしのお粗末
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • 社会
  • 有村崑「反省ゼロ」コロナ退院も舞台杜撰の謝罪なしのお粗末

有村崑「反省ゼロ」コロナ退院も舞台杜撰の謝罪なしのお粗末

有村崑「反省ゼロ」コロナ退院も舞台杜撰の謝罪なしのお粗末
ぱくたそ

 新型コロナウィルスに罹患した映画評論家の有村崑が、20日、退院を報告した。

 有村は自身のTwitterで「この度は私の新型コロナウイルス感染により関係者の方々、応援してくださっている方々に対しご迷惑とご心配をお掛けしており誠に申し訳ございません」と謝罪。「本日症状が十分に回復し厚生労働省による有症状者の場合の退院基準を満たしたため、退院しました」と報告した。

「コロナ対策杜撰の企画」への反省は?

 そして「9日の発症前後に私と接触がありました皆様には保健所より7月6日以前においては濃厚接触に該当しないとの判断をいただきお伝えさせていただいております」「しかしながら、7月6日以前の近い日程で私が訪れました施設様はじめ関係者の皆様そちらをご利用されるお容様にもご不安とご迷惑をお掛け致しました。大変申し訳ごさいませんでした」と、改めて謝罪もしている。

 有村は舞台『THE★JINRO-イケメン人狼アイドルは誰だ!!-』の原案を担当。山本裕典ら出演者や観客の多くが感染したことで、対策の甘さなどがバッシングの対象となっていた。妻でフリーアナの丸岡いずみアナも感染が伝えられている。

「世間からは今回のコメントに『イチ出演者みたいな物言い、管理側でしょ』『コロナ感染よりも杜撰な舞台の運営を謝罪しろ』『最初はプロデューサーだったのにいつの間にか原案って、責任逃れですか』『感染の拡大がすごいし、簡単な謝罪では済まされない』と厳しい声が相次いでいます。