» 山本裕典退院「アンチの罵声」発言で再炎上「一言罵りたくなる」
カルチャースポーツ社会

山本裕典退院「アンチの罵声」発言で再炎上「一言罵りたくなる」

山本裕典退院「アンチの罵声」発言で再炎上「一言罵りたくなる」
ぱくたそ

 東京・新宿のシアターモリエールで上演された舞台「THE★JINRO イケメン人狼アイドルは誰だ!!」に出演後、新型コロナウィルスに感染したことがわかった俳優の山本裕典が、17日に退院となったのだが……。

 山本は18日にインスタグラムで「皆さん、この度は心配をおかけして申し訳なかったです。あと、お騒がせしました」と謝罪。ここまではまあ普通だったのだが……。

 その後山本は「室で隔離され治療をしてもらった期間色々なニュース、記事をみました。役者、人の前にでる者として考えさせられる時間でした。」とし「厳しい意見や真剣に向き合って話をしてくれているコメンテーターの方の意見を目にしました。心ない罵声を浴びせてくるアンチ、暖かく優しい言葉をかけてくれるファンの方、タレント仲間。色々ありました」と続けた。

 最後には「また、皆さんと元気な姿で会える日を願っています!!」と結んだが、「心ない罵声を浴びせてくるアンチ」という言葉に世間が反応している。

「ネット上では『握手とか会場側から禁止されていた事をしていたわけだから、心ない言葉も浴びせられるだろうしそれを一概にアンチと捉えるのは違う』『今なおこの舞台によるクラスターが終息していないタイミングで、早速「心ない罵声」を受けたなんて被害者面する神経がわからない』『アンチじゃなくても一言罵りたくなる気持ちはわからんでもない』と厳しい反応が多くなっています。