» 小倉智昭『テラスハウス』のせいで降板? フジの問題はコロナより…
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

小倉智昭『テラスハウス』のせいで降板? フジの問題はコロナより…

小倉智昭『テラスハウス』のせいで降板? フジの問題はコロナより…
ぱくたそ

とくダネ!』(フジテレビ系)の小倉智昭が、来年3月で「勇退」と報じられている。

 一部報道によれば、『直撃LIVWグッディ!』(同)の安藤優子が9月で番組降板、番組終了になることが報じられたが、影響はそこだけでは済まないようだ。

 1億円ともいわれる高額なギャラ、局としての製作費削減などの影響から、小倉の勇退も決定的になったという。最近はフジテレビに限らず、各局で「高額フリーアナ切り」が加速している。

 新型コロナウィルスの影響による広告出稿減や番組づくりの制限など、テレビ局の打撃は相当のようだ。大御所が切られる実情も当然だろう。坂上忍はギャラがまだ安いから『バイキング』は継続とのことだが……。

 一方「フジテレビはコロナってわけでもないでしょ」という声もある。

「『とくダネ!』は低視聴率でしたが、フジテレビ自体がここ数年は視聴率不振が続いています。コロナ禍は打撃ではあるのでしょうが、もともと危なかったんだと思います。

また、同局製作の『テラスハウス』から死者が出たり『ザ・ノンフィクション』での過剰演出が暴露されたりと、その体質が問題視されており、そもそも広告主も避けたがっているのでは、という意見も出ています。