» 愛内里菜「妹逮捕」本人も「偽商品プロデューサー疑惑」で危機?
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • 社会
  • 愛内里菜「妹逮捕」本人も「偽商品プロデューサー疑惑」で危機?

愛内里菜「妹逮捕」本人も「偽商品プロデューサー疑惑」で危機?

愛内里菜「妹逮捕」本人も「偽商品プロデューサー疑惑」で危機?
ぱくたそ

 奈良市の会社役員・垣内求実容疑者が、 偽ブランド品を販売目的で所持したとして逮捕された。

 垣内容疑者はペット用品販売会社「ボンボンコピーヌ」社長で、新型コロナウイルスの影響で高まったマスク需要に乗じ「シャネル」のロゴが付いた偽マスクを販売目的で所持していたという。容疑者は「手にロゴを使って販売していた」と容疑を認めている。

 シャネルの偽物を売って逮捕……偽物商品を売って逮捕されるという事件は時折起こるが、今回この事件が注目されているのは、垣内容疑者が元歌手・愛内里菜の妹という点だ。

 愛内は1998年のモデルデビュー当時、垣内里佳子の名前でデビュー。その後歌手に転身し「恋はスリル、ショック、サスペンス」がアニメ『名探偵コナン』の主題歌になるなどして全国区の知名度を得る。その後もコンスタントに楽曲を出したが、2010年に引退。以降は垣内りか名義で歌手活動を再開したり、2017年に「未婚の母」であることを告白するなど時折話題になっていた。

愛内も「プロデューサー」?

 今回はまさかの「妹逮捕」となってしまったわけだが、この会社のHPに愛内が「プロデューサー」として紹介されているという。

「この報道が事実だと、愛内さんが垣内容疑者のビジネスにどれだけかかわっていたか、というのが非常に気になるところです。捜査の対象にもなるかもしれません。関わり度合いによってはいろいろとまずい話にもなりそうです。