» 戦慄かなの「薬物説」の真相…「ZOC意見食い違い」の果てに
カルチャースポーツ社会

戦慄かなの「薬物説」の真相…「ZOC意見食い違い」の果てに

戦慄かなの「薬物説」の真相…「ZOC意見食い違い」の果てに
ぱくたそ

 8日にアイドルグループ・ZOCを卒業した戦慄かなのに、アブナイ疑惑が降りかかっている。

 9日、グループの大森靖子がインスタグラムで5人のライブ映像を公開し、各メンバーそれぞれが名前を言った後、戦慄など脱退したメンバーの名前を出して「We are ZOC」とコメントした。

 しかし、戦慄はこの出来事に11日、Twitterで「自分が追い出したのにそっちが美しく見えるような都合よく名前使われる 人格破綻しすぎてる頭おかしい」と大森を強く批判。戦慄の言い分では、グループ卒業は「追い出された」ものによるらしい。(いずれのツイートもその後削除)

食い違う双方の意見

 さらに、戦慄は乱用薬物検査報告書の写真をUPし「検査行ってたけど全部白なのにデマ流されてしんどい」「私はZOCを辞めたくなかったし薬物検査は陰性だった証拠はある」と、自身に薬物の嫌疑がかかったことを告白した。

 当然この告白に世間もざわついているわけだが、メンバーの西井万理那が「追い出した?!!?! 大丈夫かな またキマってんのかなぁ法律からはさすがに守れないよー」と、明らかに戦慄を指すコメント。巫まろも「みんな信じるものを間違えないで…幸せにアイドルをやらせてください…」と言及した。

 あまりにもドロドロしており、グループ内での意見が食い違っている状況だが……いずれにせよ話題が物騒すぎる。