» 指原莉乃「殴っていい?」木下優樹菜との因縁…「誰が憧れた」発言の裏
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 指原莉乃「殴っていい?」木下優樹菜との因縁…「誰が憧れた」発言の裏

指原莉乃「殴っていい?」木下優樹菜との因縁…「誰が憧れた」発言の裏

指原莉乃「殴っていい?」木下優樹菜との因縁…「誰が憧れた」発言の裏
ぱくたそ

 12日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、出演した指原莉乃が、先日芸能界を引退した指原莉乃にきつい一言を放った。

 指原は木下と、元夫のFUJIWARA・藤本敏史夫婦が「憧れの夫婦として人気だった」という点に関し「誰か本当に憧れてたんですかね」と発言。

 これに対し「最後にどえらいの投下するのやめて!」とダウンタウンの松本人志もおどろいた様子。指原は「メディアが持ち上げてるんじゃないかなって思う」とフォローしつつ「芸能人としては憧れるが、(夫婦は)ない」とはっきり語った。

 世間では「その通り」「よくいってくれた」「憧れるまではないよね」「とにかく気持ち悪い」と同意の意見が多かった。

 各メディアも「指原よくいった!」という感じではあるが、実は指原、以前木下と「交流」があったようだ。

「指原さんと木下さんは2016年の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で共演した際、交流を明かしています。

木下さんはある“打ち上げ”で一緒になり、指原さんがすごく酔って『めっちゃユッキーナ好きなんす』とひどく絡んだそうです。そこで木下さんが『1回殴っていい?』って聞いたら『いいっすよ!』と返したとか。数年前の話ですが、指原さんは木下さんのファンだったようですね。