» JRA武豊「突然老けた?」久々出演で衝撃…でも年相応?
カルチャースポーツ社会

JRA武豊「突然老けた?」久々出演で衝撃…でも年相応?

 JRAのレジェンド騎手・武豊

 現在51歳だが、いまだ現役バリバリ。7月5日時点で全国リーディング3位の63勝と活躍中だ。

 2010年代前半に落馬負傷もあって一時スランプもあったが、2013年のキズナでの日本ダービー制覇、その後のキタサンブラックでの大活躍など、いまだ絶大なる存在感を示している。

 今年はG1ではあまりいいところがないが、この年齢で勝ち鞍を積み上げているだけでも衝撃の一言だ。秋にはお手馬のワールドプレミア復帰も期待され、G1戦線での活躍も期待される。

突然見た目が…?

 そんな武豊だが5日、久々に自身の冠番組『武豊TV2』(フジテレビ ONE TWO NEXT)を放送。ここ最近のレース振り返り、先日死んだナリタタイシンとのエピソードなどを語った。

 ただ、視聴者が気になったのは、武豊の「変化」だ。

「突然老けた?というツッコミがチラホラとありますね。何となくやつれたというか『お父さん(武邦彦)にそっくり』という声もありました。今年序盤の放送と比較しても確かに……。

コロナ禍でも騎手会長としていろいろと仕事をこなしており、疲れもあるということでしょうか。少し心配の声もあります。

ただ、50代と考えると当然という見方もあります。そもそも武豊さんはこれまで見た目がとにかく若すぎたくらいですからね(笑)」(メディア記者)

 ある時からルックスが変わらない印象の武豊、年齢相応ということかもしれないが、あまり無理しすぎないでほしい。
(文/黒井洋二)