» 『バイキング拡大』坂上忍3時間の地獄…謎改編の「真相」
カルチャースポーツ社会

『バイキング拡大』坂上忍3時間の地獄…謎改編の「真相」

『バイキング拡大』坂上忍3時間の地獄…謎改編の「真相」
ぱくたそ

 フジテレビ系の10月改編で『バイキング』が3時間生放送になる、と報じられた。

 同じ産経グループの「サンスポ」が報じたのだから、ほぼ間違いないだろう。安藤優子MCの『直撃LIVEグッディ!』の放送が終了し、その部分が拡大するとか。

『バイキング』は現在「ゴシップバラエティ」としての色合いが強いが、今後はニュース性が強くなるという。『ミヤネ屋』(日本テレビ系)などに対抗する形をとるということか。

坂上忍3時間は重たすぎる…

「サンスポ」によれば、MCの坂上忍は「の巧みなスタジオトーク回しとニュースの深堀りに対する視聴者からの高い支持」があるとし「自称・活字中毒の坂上は、日頃から新聞、雑誌を読みあさり、ニュース感覚を研ぎ澄ますことに余念がない」のだとか。もう何年も同番組の看板だけに、そりゃあ実力はあるのかもしれないが……。

 世間の評判がいいかは、謎だ。

「高圧的で不快、という声が多いのは事実ですよね。坂上さんとの共演がつらくて出演をやめるタレントも少なくない、とはずいぶん前からいわれています。

先日には『スタッフにパワハラをして休養させてしまった』とも週刊誌で報じられ、打ち切り説も流れていましたが、まさかの番組拡大。フジテレビの昼は坂上さんのものとなりそうです」(メディア記者)