» 新垣結衣「金欠」ドラマ復帰の原因? 「働かざるを得ない」事務所の事情
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 新垣結衣「金欠」ドラマ復帰の原因? 「働かざるを得ない」事務所の事情

新垣結衣「金欠」ドラマ復帰の原因? 「働かざるを得ない」事務所の事情

 先日、夏ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)で、脇役ながら久々のドラマ出演をすることが決まった女優の新垣結衣。

 新垣といえば、先日特別編が放送された『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で改めて人気を知らしめた。「再放送」とは思えないレベルの反響がSNS等であり、さすがガッキーという印象を改めて確認することができた。

 今後は『逃げ恥』の続編出演も決めた、という話も出ているが、いよいよ本格始動となるのだろうか。長年事務所の屋台骨を支える存在として活動し、長期休養に入っていたわけだが……。

 一部報道では「充電期間を経て、女優への気持ちを新たにした」と記されているが、実際のところは「金銭事情」もあるのではないか、といわれている。

事務所の台所事情が…

「もちろん新垣さんが貧乏ということはないと思いますが(笑)、事務所のほうは新型コロナウィルスもあって最近は苦しいのかもしれません。

ただでさえ能年玲奈さんや清水富美加さんなど人気タレントの離脱もあり、他の所属タレントでも新垣さんクラスに稼げる人はいません。その上でコロナとなると、人気事務所といえど台所事情は楽ではないのではないでしょうか。

一部では、事務所が数年前に作った浅草の劇場があるが、コロナ禍で資金回収もままならない、という話もあります。