» 梶原雄太を超える「和牛侮辱」上沼恵美子の“異変”象徴の出来事
カルチャースポーツ社会

梶原雄太を超える「和牛侮辱」上沼恵美子の“異変”象徴の出来事

梶原雄太を超える「和牛侮辱」上沼恵美子の“異変”象徴の出来事
ぱくたそ

 キングコング・梶原雄太へのパワハラ騒動の渦中にいる関西の女帝・上沼恵美子

 上沼はある時から執拗に梶原を攻撃するようになり、梶原は上沼の冠番組2つを降板。「女性セブン」(小学館)などによれば、番組収録中に梶原を執拗に攻め立て、あまりにも空気が悪くなり放送されなかったシーンがあったことや、飲食店の会計を無理に求めたこともあったという。

 次男を番組の構成作家に入れるなど「私物化」が激しいといわれる上沼。最近は「陰湿になった」「高圧的になった」との評判もあり、これまでの「大阪のおばちゃん代表」という見方もされなくなっているという。

世間から見れば今の上沼さんは『老害』という他ない状況

「大きすぎる権力を持っているせいか、最近はわがままに拍車がかかってしまったとはいわれていますね。

島田紳助さん、やしきたかじんさんら関西の大物芸能人がいなくなり、『M-1グランプリ』の審査で出場芸人がライブ配信で上沼に対し暴言を吐いた際には、吉本のトップ芸人であるダウンタウン・松本人志さんが謝罪し『上沼さんは絶対』がより明確になってしまいました。

誰も逆らえない状況を考えれば、こういう話が出てくるのも時間の問題だったのかもしれません。世間から見れば今の上沼さんは『老害』という他ない状況ですね……」(メディア記者)

 以前に精神的に参ってしまい、失踪事件も起こした梶原。これ以上上沼といると同じ状況になってしまうと思ったのかもしれない。

 ただ、ある意味梶原よりも過去に「公開処刑」を受けた芸人もいる。