» 薬物ロック歌手「特定へ」紅白出場、最近は音楽活動なしで以前からウワサ
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 薬物ロック歌手「特定へ」紅白出場、最近は音楽活動なしで以前からウワサ

薬物ロック歌手「特定へ」紅白出場、最近は音楽活動なしで以前からウワサ

薬物ロック歌手「特定へ」紅白出場、最近は音楽活動なしで以前からウワサ
ぱくたそ

 芸能人の薬物疑惑は絶えることがないが、またも「大物芸能人」に疑惑が生じている。

 一部webメディアが、「大物ヴィジュアル系ロックバンドのボーカルが覚せい剤で逮捕間際」と報じている。

 その人物は人気絶頂だった十数年前に覚せい剤を覚え、依存状態だという。関東甲信越厚生局(マトリ)もすでにガサ入れに動いているといいう情報もあるようだから、穏やかではない。

 今年2月には槇原敬之が薬物で再逮捕されたが、芸能界や音楽業界での薬物の話は決して珍しいものではない。今後本当に逮捕されることも十分にあるだろう。

実は以前からウワサに…

 また、ネット上ではすでに「誰だ」と話題になっているが、実はすでに「別の雑誌」が同じミュージシャンの薬物疑惑を報じていた、という指摘がある。

「昨年の『実話ナックルズ』でも『紅白出場経験のあるグループのボーカルにシャブ疑惑』と報じられました。そのさらに前にも『東京スポーツ』なども同じ人物ではないか、とされる薬物疑惑を報じています。つまりは『長らく疑惑が蔓延している』ということです。