» 上沼恵美子「木下優樹菜寵愛」も…キンコン梶原で分かった「変化」
カルチャースポーツ社会

上沼恵美子「木下優樹菜寵愛」も…キンコン梶原で分かった「変化」

上沼恵美子「木下優樹菜寵愛」へ…キンコン梶原の次はフジモン?
ぱくたそ

 上沼恵美子の冠番組『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)など2番組を降板したキングコング・梶原雄太。

 長らく上沼の寵愛を受けていた梶原だが、ここへきて関係が悪化したようだ。「女性セブン」(小学館)によれば、ある時から上沼に執拗な攻撃や嫌がらせを受け、梶原も精神的に追い詰められ、降板へと至ったようだ。「スタッフらと行った料亭で200万円分を払えと命じた(結局梶原は払わず)」「番組中に執拗に口撃を受け、梶原は涙目になった、空気が重すぎて放送できず」など、生々しい様子も報じられている。

 報道の当初は「YouTuberとして大金を稼ぎ、梶原が不義理をした」「面白くもないのに上沼のおかげでテレビに出られた、でも礼儀を失って干された」など、梶原に問題があるという見方が多かった。

 しかし、ここへきて流れが少し変わりつつある。

「最近は高圧的」で番組見ない人多数

「そもそも不仲の引き金となったのは、同番組の構成作家である上沼さんの次男が、寵愛を受ける梶原さんに嫉妬し、悪い情報を上沼さんに吹き込んだのが発端だったようです。それにより、上沼さんの態度が変わったといわれていますね。

在阪局のすべてで冠番組を持ち絶大なる権力を持つ上沼さんですが、子どもを番組の構成作家に入れる時点で『私物化』もいいところ、という指摘も多くなっています。

最近では『上沼は番組でストレスを出演者にぶちまけている』『出演者がめちゃくちゃ気を使ってるのがわかる』『最近はただ高圧的で不快』と、上沼さんの番組を見なくなった、という意見も多くなっていますね」(メディア記者)

 島田紳助が引退、やしきたかじんが亡くなるなど、関西芸能人の中で「1強」の状態が長らく続いているが、今回の梶原の件で、流れが変わるかもしれない。

 一方、上沼が次に「寵愛」するタレント候補が“地雷”では、ともいわれている。