» キムタク『BG』視聴率1ケタ急落も…「7月終了」でよかった?
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

キムタク『BG』視聴率1ケタ急落も…「7月終了」でよかった?

キムタク『BG』視聴率1ケタ急落も…「7月終了」でよかった?
ぱくたそ

 2日に放送された『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の3話。

 木村拓哉主演の続編ということで大きな注目を集めるこの作品。今回は悪徳実業家役で豊原功補が登場。木村演じる島崎らが彼を警護するという内容だった。

 新型コロナウィルスの影響で放送が延期されて逆に注目度が上がったか、視聴率は初回が17.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、2話が14.8%と高視聴率を記録している。

 2話時点では好調、このままの勢いで、と行きたいところだが、それも“長くは続かない”らしい。

7月終了も問題なし、それより…

「7月で番組終了、とテレ朝の定例会見でもいわれており、7話程度で終了となるようです。斎藤工さんや菜々緒さんなど脇も豪華な作品ですからね。次クールの撮影などもあるということでしょう。コロナ禍の影響はやはり大きかったということです。

『BG』はシーズン1と違って木村さん単独だけでなく、斎藤さんとの『バディ』ものに変わっており、『相棒』のような長期シリーズにするのでは、ともいわれています。焦らなくてもいずれ続編、ということなのかもしれませんね」(メディア記者)

 天下のキムタクにとっても大事なシリーズだが、今回で最後じゃない可能性もだいぶあるようだ。

 一方、とりあえず今シーズンは「早めに終ってもいいかもしれない」という意見もある。