» JRAルメール「騎乗停止の鬼門」NHKマイルC……3週連続G1制覇も現実味だが
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • スポーツ
  • JRAルメール「騎乗停止の鬼門」NHKマイルC……3週連続G1制覇も現実味だが

JRAルメール「騎乗停止の鬼門」NHKマイルC……3週連続G1制覇も現実味だが

JRAルメール「騎乗停止の鬼門」NHKマイルCの悪夢……3週連続G1制覇も現実味だが

 JRAのC.ルメール騎手が、5月3日の天皇賞・春(G1)をフィエールマンで勝利。同レース連覇を飾るとともに史上初の「天皇賞4連覇」を達成した。

 今年の天皇賞、ルメールが操るフィエールマンは、レース序盤から中団の位置取りで動かず。前ではキセキ、スティッフェリオ、ダンビュライトが前を争う中、微動だにしなかった。

 最後の直線では外を選択。残り300mから一気に加速しミッキースワローと進出。キセキを交わし、先に抜け出したスティッフェリオとの叩き合いに持ち込み、最後の最後でハナ差前に出てゴールイン。ルメール騎手の冷静な手綱さばきと、フィエールマンの勝負強さを感じさせるレース内容だった。

 ルメール騎手はこれで天皇賞4連覇。秋をレイデオロとアーモンドアイ、春をフィエールマンで二度と「ノーザン×ルメール」コンビで天皇賞を独占している状況だ。

 今後も天皇賞5連覇、6連覇の可能性も十分にあるルメール騎手。しかしその前に「直近G1を独占」する可能性も浮上している。現場記者がその実情を語る。

アーモンドアイ、レシステンシアと豪華ラインナップ

「今週行われるNHKマイルCでは、桜花賞2着の2歳女王レシステンシアに騎乗予定のルメール騎手。レシステンシアは昨年の阪神JFを信じがたいパフォーマンスで圧勝し、武豊鞍上で臨んだ桜花賞も、逸材デアリングタクトの強襲がなければ完勝の内容と、その能力に疑いの余地はありません。今年のNHKマイルCでは抜きんでた存在といえるでしょう。

そして翌週のヴィクトリアマイルは『恋人』アーモンドアイが出走を予定。ライバルはラヴズオンリーユーにグランアレグリアと強豪もいますが、国内外G1競走6勝の実績を考えれば『3強』ではなく間違いなく『1強』です。正直なところ『普通に走れば圧勝』という扱いを受けるでしょうし、ルメール騎手も必勝態勢で来るはず。その後のオークス、日本ダービーは前述ほどのお手馬はいませんが『3週連続G1制覇』は十分にあると思います」

 圧倒的なお手馬の質、まさしくここ何年も続く「ルメールの春」を具現化したようなラインナップである。

 ただ、昨年も同レベルのお手馬がいたにもかかわらず「5月はG1を0勝」だった。なぜか。前述の記者が続ける。

思い出される昨年の「悪夢」

「昨年のNHKマイルCで1番人気グランアレグリアに騎乗したルメール騎手ですが、桜花賞のような脚を発揮することができず4着。それだけなら仕方ないんですが、直線でダノンチェイサーの進路を妨害したとして5着に降着となりました。ルメール騎手はその前から 物議を醸す騎乗が多かったのも影響してか、そこから5月中の騎乗を停止されました。おかげで皐月賞馬サートゥルナ―リアやコントラチェックなどに騎乗できなくなりましたね。

昨年、結果的に『鬼門』となってしまったNHKマイルC。今年は何事もないといいのですが」

 レシステンシアは逃げ馬だ。最後の直線、後ろから追いすがるライバルを『ヨレて妨害』なんてことになれば最悪だが……。そこは日本最強のジョッキー・ルメール。同じ轍は踏まないはずだ。

 有力馬騎乗が続くルメール騎手。今年はすべて「予定通り」騎乗してもらいたい。

(文・取材/権藤正一・競馬担当)