» キムタク『BG』7月終了の理由…コロナ影響より心配な「喫煙イメージ」?
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • キムタク『BG』7月終了の理由…コロナ影響より心配な「喫煙イメージ」?

キムタク『BG』7月終了の理由…コロナ影響より心配な「喫煙イメージ」?

キムタク『BG』7月終了…コロナ影響より心配な「喫煙イメージ」?
ぱくたそ

 木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)が、早々に「終了」となるようだ。

 初回17.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とこれ以上ないスタートを切った『BG』。これに関しテレ朝の亀山慶二社長は「非常に良いスタートが切れたと思っています」とした。

 しかし一方で「7月いっぱいの終了となるかと」と発言。新型コロナウィルスの影響で撮影スケジュールが狂ったことで、2カ月程度の放送期間で終了になるかもしれないとのことだ。

スケジュール的にそうせざるを得ない

「斎藤工さん、菜々緒さんなど、次クールや映画でも多数仕事がありそうな脇役が揃っていますからね、スケジュール的にそうせざるを得ないということではないでしょうか。世界的なパンデミックですし、このくらいはしょうがないと思う他ないでしょう。

木村さんとしては好発進をしたドラマだけに、早めに打ち切りになるのは残念でしょうね。最近はインスタグラムを開設したり、娘2人が話題にもなっていたので、勢いが削がれる印象もあります」(メディア記者)

 まさかの放送期間短縮となってしまうようだが、こればかりは致し方ないのかもしれない。

 ただ、木村といえば最近はドラマに映画と数多く出演が続いているが、今後「減る」可能性もあるという。