» 渡部建「トイレ訴訟」六本木ヒルズ裁判へ…不倫で巨額賠償も
カルチャースポーツ社会

渡部建「トイレ訴訟」六本木ヒルズ裁判へ…不倫で巨額賠償も

渡部建「トイレ訴訟」六本木ヒルズ裁判へ…不倫で巨額賠償も
PhotoAC

 一連の不倫騒動で、芸能活動ができなくなってしまったアンジャッシュの渡部建。

 妻の佐々木希はもちろんのこと、相方の児嶋一哉、出演していた番組など、突然いなくなったことによる迷惑や損失の影響はかなりあると見られる。

 ただ「実害」という面では、どこよりも影響を受けている存在もいるようだ。

『渡部さんに賠償してもらいたい』

「『夕刊フジ』が、六本木ヒルズの『多目的トイレ改装』を検討している、と報じています。この場所は、渡部さんが女性との行為に使った場所としてクローズアップ。やじ馬も発生しているとか。セキュリティなどをより万全にしなければ、となっているそうです。

六本木ヒルズにとっても、そのオフィスで働く人にとっても大迷惑だった渡部さんの行為。ある意味一連の騒動でもっとも被害が拡大した部分といえるかもしれません。

『渡部さんに賠償してもらいたいくらい』と関係者は語っていたようですが、実際に賠償請求、ならびに名誉棄損などの可能性も十分にあるのではないでしょうか。

世間からも『請求すべきだろ』『渡部のやったことは重大』『明らかに経営上マイナス』『多目的トイレが必要な人にとっては本当に迷惑』と、請求をすべきという声も多いです。もし仮にそんな動きが出れば、巨額の訴訟となる可能性もありますよ」(メディア記者)

 まだまだこの騒動は収まらない様子。賠償なんてことになれば、間違いなく生活に大ダメージとなる。