» 平手友梨奈「さかなクン似すぎ」誕生日も精神状態心配の声も
カルチャースポーツ社会

平手友梨奈「さかなクン似すぎ」誕生日も精神状態心配の声も

平手友梨奈「さかなクン似すぎ」誕生日も精神状態心配の声も
ぱくたそ

 25日、元欅坂46の平手友梨奈が、19歳の誕生日を迎えた。

 ネット上では「#平手友梨奈誕生祭」のハッシュタグで、祝福の声が殺到。

 映画『さんかく窓の外側は夜』で共演する岡田将生、志尊淳も「てち、19歳のお誕生日おめでとう!10代最後の1年です。充実した1年を送れますように。心から願っています」「また3人でご飯が行けることを楽しみにしています。その時にぜひお祝いをさせてください」と動画でコメントした。

 世間からも「まだ19歳」という声が多い平手。欅坂46時代から落ち着いた雰囲気があったからか、それとも長らく存在感を出していたからか。中学生時代から欅坂のエース格として活動していたので、まだ10代という点に驚きもあったのかもしれない。

「欅坂46の時は、体調面や精神面の話題が多く、活動できないこともありました。『やめてからかわいくなった』という声もある通り、脱退後はつきものがとれたような印象もあります。どんだけしんどかったんでしょうね。

ネット上でも『今の平手友梨奈さんはあの頃よりイキイキしていると思う』『元欅坂は付けなくても十分に知名度ある』『映画期待しています』などさまざまな意見が。

いずれにせよ、いまの平手さんのほうが魅力的、ということのようです」(メディア記者)

 応援する声は多数。映画では雰囲気もあるが少し重く暗い役が回ってくるが、そのうち明るい役をぜひ見てみたい。