» 渡部建溺れた「デートクラブ女」の実態に衝撃…「安全な遊び」の理由
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 渡部建溺れた「デートクラブ女」の実態に衝撃…「安全な遊び」の理由

渡部建溺れた「デートクラブ女」の実態に衝撃…「安全な遊び」の理由

渡部建告白「デートクラブ女」の実態に衝撃…「安全な遊び」の理由
photoAC

 複数女性との不倫で芸能活動自粛となったアンジャッシュ・渡部建が、25日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に登場。独占告白をした。

 不倫の懺悔、妻の佐々木希への謝罪、相方・児嶋一哉への気持ちなど、赤裸々に話した渡部。

 写真だけでも憔悴している様子がわかり、かなり参っているのが伝わってくる。詳細はぜひ本誌をご覧いただきたい。

「文春砲」により芸能生命の危機を迎えた渡部。渡部自身、不貞行為におぼれた理由として「安全な遊び」だったことを理由にしている。

 その「安全な遊び」というワードに違和感は半端ではないが、その意味を渡部も説明している。

デートクラブの実態は

「女性とは『デートクラブのようなもの』で知り合ったようで『力士やプロ野球選手の集まる場に行っている』ような女性だったという。

 別の雑誌でも『高級デートクラブで1回5万円』を報じられましたが、だからこそ『割り切り』というべきか、もめることはないと思ったようですね。

実際には女性側にネタを暴露されてしまったわけですが、有名人、芸能人の多くはこうしたデートクラブを利用しているということなんでしょうね。なかなか衝撃的な告白ですよ」(メディア記者)

 こうしたクラブの元締めは、決して普通の人々でない場合も多い。それだけに、ある意味「地下ビジネス」が横行していることを改めて示した形だ。

 また、渡部は今回の騒動における佐々木の反応も語っている。