» 手越祐也「言い訳会見」嫌悪…「NEWSメンバーに会わず」の真相
カルチャースポーツ社会

手越祐也「言い訳会見」嫌悪…「NEWSメンバーに会わず」の真相

手越祐也「言い訳会見」嫌悪…「NEWSメンバーに会わず」の真相
ぱくたそ

 23日、手越祐也が緊急記者会見を開き、ジャニーズ事務所退所や「コロナ禍外出騒動」の経緯を説明した。

 手越は「今の気持ちや野望・展望を話したい」とし、退所を考えたのは「5~6年前」だったという。

また、「一番伝えたかったこと」として「NEWSという船で戦ってきたメンバーへの感謝」をあげ、「ジャニーズ事務所、NEWS、NEWSファンのことは心から好き」と発言した。

 コロナ禍における夜遊びに関しても「事務所には伝えていた」「自分の夢のためのもので、打ち合わせだった」と説明している。

 また、自粛後に退所を決めたわけではなく「ツアー『STORY』が終わった時点で退所」することは決まっていたという。コロナ禍で予定が狂った部分もあるという。

 手越の言い分は1時間で十分に話せたようだが、世間からは嫌悪感の方が多い。

「ZOOMや電話では話したくない、伝わらない」にも疑問

 世間からは「自己中の言い訳の会見なんて誰も聞きたくなかった」「国民が自粛、苦しんでる中で『自分の夢の為の準備で』とか苦しい言い訳」「世の中なめてる」「発言自体が不快。先に退所を考えてたっていう後出し感」など、とにかく“言い訳”という見方が大多数だ。

 自己防衛の点は、事の経緯を考えれば言われても仕方がないかもしれない。しかし、会見を見た人が一番気になったのは「NEWSメンバーとの会見」だ。

 芸能リポーターの駒井千佳子が「退所決定後、NEWSメンバーと話したのか」という点には「ZOOMや電話では話したくない、伝わらないので、この会見が終わったら感謝を伝えたい」とし「小山慶一郎から長文のメッセージをもらった」とも告白している。

 しかし、「退所直前に連絡取り合ってないの?」「さすがに話をしていないのは不自然」と、こちらもおかしいという指摘がある。