» 大坂なおみ「日本人差別か」見て見ぬフリの「猿写真」投稿で物議と沈黙
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • 社会
  • 大坂なおみ「日本人差別か」見て見ぬフリの「猿写真」投稿で物議と沈黙

大坂なおみ「日本人差別か」見て見ぬフリの「猿写真」投稿で物議と沈黙

大坂なおみ「日本人差別か」見て見ぬフリの「猿写真」公開で物議と沈黙
ぱくたそ

 プロテニス選手の大坂なおみのツイートが、物議を醸している。

 大坂は23日、2枚の「クレイアニメ(もしくは人形劇の人形)の猿の写真」をUp。特にコメントはなく、写真だけを公開したのだが……。

 この写真に対しネット上では「日本人差別では?」と話題になっているのだ。

「猿の写真が『目をそらしている』ということで『見て見ぬふりする猿』ということで、日本人などアジア人を差別しているということでは、といわれているんです。

父親がハイチ系アメリカ人で黒人の血を引いている大坂なおみさん。

最近、アメリカを起点に怒っている黒人差別に対するブラック・ライヴズ・マター(Black Lives Matter)の抗議デモに関し、大坂さんもネット上で議論に参加しました。ネットユーザーの「日本人は差別をしない」という主張に反応しています。

大阪さんはこの主張に、過去・芸人のAマッソに『漂白剤、あの人日焼けしすぎ』といわれた事例を紹介していました。これは大きな問題となり、Aマッソは謝罪する事態になっています。

世界に拡大する中で大坂さんも言いたいことがあったんでしょうが、今回の『猿』には、多くの人が思うところがあった様子。

ネット上でも『あーやっちまったな』『見て見ぬふりする猿ってことですかぼくら』『イエローモンキーは見て見ぬふりか』と騒がれています。

本人の意図が何かは気になりますが、違うとしても誤解を招いてしまいましたね」(メディア記者)

 思わぬ形で物議を醸してしまった大坂。